特注品製作事例・イベントキーホルダー

食事モデル

兵庫県立大学 伊達 ちぐさ 先生
1回当りの食事摂取量の推定に三次元フードモデルを利用した食物摂取頻度調査法を開発されました。 その中で弊社は、質問項目別のフードモデル約70種類を製作し、その食物摂取頻度調査法の妥当性と再現性が、全国3箇所の地域で検討される中でサポートさせていただきました。 また、弊社はその中間発表の中で、フードモデルの省スペース化と軽量化の研究成果について発表いたしました。

image